立山荘 小規模多機能型居宅介護

小規模多機能型居宅介護とは?

自宅から通える、泊まれる、訪問できる立山荘

小規模多機能型居宅介護とは、利用者様が可能な限り自立した日常生活を送ることができるよう、利用者様やご家族の環境や状況に応じて、「通い(デイサービス)」を中心に、短期間の「宿泊(ショートステイ)」や利用者様の自宅への「訪問(ホームヘルパー)」を組合せながら日常生活上の支援や機能訓練を行うサービスのことです。

小規模多機能型居宅介護のメリット

ご家族の生活に合わせたサービスの利用で「ご家族の負担を軽減」する

● ご家族の生活に合わせたサービス

通常のデイサービスは利用時間が決まっているため、どうしても利用者の生活リズムにご家族が合わせるというかたちでした。しかし、小規模多機能型居宅介護では、「朝はゆっくりしたいから昼から利用したい」・「今日は家族に用事があるから夕飯まで利用したい」などひとりひとりの事情に合わせたプログラムを利用することが出来ます。サービスを利用することで、ご家族の精神的・身体的な負担を軽減し生活を支援することが出来ます。

● 必要な時、必要なサービスを

複数の事業所でそれぞれに行っていた、服薬管理・お買い物・食事・通所・ショートステイ・受診時の介護などのサービスを、一か所で受けることが出来ます。情報を共有した顔なじみのスタッフが臨機応変に対応しますので、利用者様もご家族も安心です。

● ご家族の急な予定にも対応可能

「子供が風邪をひいてしまった」、「家族の出張や旅行が重なって、家に誰もいない日がある」など、ご家族にも様々な事情があるかと思います、ショートステイでは直前の宿泊予約が困難な場合も多いですが、小規模多機能型居宅介護では、少人数制のため部屋に空きがある場合、急な「泊まり」も対応可能です。宿泊時も顔なじみのスタッフが対応いたしますので利用者様も安心してご利用いただけます。

退院後の利用「安全な在宅復帰」をサポート

● 退院後のトータルサポート

退院後の在宅復帰が不安という方も多くいらっしゃると思います。小規模多機能型居宅介護では「通い・泊まり・訪問」サービスの組み合わせにより、安心した在宅生活を支援いたします。利用者様の体調や気持ちに合わせて、サービスの変更・調整も可能です。
例えば、「退院したばかりで家での暮らしが不安」という方へは、連続の泊まりのサービスを利用することを提案いたします。泊まりの中で、利用者様へ在宅復帰の支援を行い、必要な福祉用具や住宅改修などを検討・提案いたします。利用者様が安心して在宅生活へ戻れるよう、在宅復帰までの支援体制を構築します。在宅生活へ復帰した後も、通いなれた場所への「通いサービス」や、顔なじみのスタッフによる「訪問サービス」などを継続して受けることが出来ます。

なじみの関係でサービス提供「なじみの関係=安心感」

● 高齢者夫婦生活をトータルサポート

高齢者ご夫婦(共に認知症状の方)の場合、これまでに様々なサービスを勧めるも理解困難でありましたが、小規模多機能型居宅介護では、様々なサービスを同じ事業所・同じスタッフで対応するため、情報の共有が密にとれ工夫しながら無理なく安心してサービスを受けられます。

● 小規模多機能型居宅介護だからできる

要支援の方は、現在デイサービスなどの利用回数に決まりがありますが、小規模多機能型居宅介護ではひとりひとりの状況に応じた対応が可能になり ます。例えば、「毎日定期的に通いたい」、「入浴介助の回数を増やしたい」などのご希望に対応可能です。

基本料金定額制

基本利用料金は要介護に応じて、1ヶ月単位の定額制です。「通い」サービスを何回利用しても、時間を延長しても、「宿泊」サービスを利用しても「食事代」と「宿泊代」を除く1ヶ月の基本料金は変わりません。ご利用される方々のご都合に合わせて、利用料金を気にせずご利用頂けます。

基本料金(介護保険1割自己負担)

基本料金表